サッカーニュース&ネタ

ロシアによるウクライナ侵攻、欧州サッカー界にも深刻な影響

投稿日:

スポンサーリンク

ロシアによるウクライナへの軍事侵攻はサッカー界にも大きな影響を及ぼしています。

先に管理・運営権をクラブの慈善財団の管理者に譲渡したことを発表していた英プレミアリーグ、チェルシーのオーナーのロマン・アブラモビッチがクラブ売却を決断したと発表されました。

2003年にチェルシーを買収したアブラモビッチ氏は約20年にわたりクラブを支え、クラブのみならずプレミアリーグの発展貢献した功績は大きかったと思います。2021-22シーズンはチャンピオンズリーグを制し、育成や補強を強化しさらなる繁栄へと努めていた中で、突然こんな状況になるなんて誰が予想したでしょうか。

スポンサーリンク

プレミアリーグではその他にもエヴァートンがロシアの3企業とのパートナーシップの停止を発表しました。ロシアの富豪アリシェル・ウスマノフがオーナーを務める「USM」は現在建設を進めているエヴァートンの新スタジアムのネーミングライツを保有するなど、クラブに大きな投資をしていました。

また、マンチェスター・ユナイテッドや独ブンデスリーガのシャルケなどもロシア企業のスポンサー契約を解約を決定したと報道されました。これによってクラブは大きな収入源を失うことに。

欧州サッカー界に深く関わってきたロシアマネー。この戦争によって今後クラブの運営や試合開催などサッカー界への影響も深刻なものになるでしょう。

-サッカーニュース&ネタ

Copyright© 海外サッカーを楽しむ主婦のブログ , 2022 All Rights Reserved.