ゴシップ/プライベート

アマゾンプライムビデオの「セルヒオ・ラモス 不屈の魂」レビュー

投稿日:2019年10月17日

スポンサーリンク

レアル・マドリード、そしてスペイン代表の主将でもあるセルヒオ・ラモスが出演するドキュメンタリー番組「セルヒオ・ラモス 不屈の魂」がアマゾンプライムビデオで配信されています。

1話が約30分弱で全部で8エピソードからなり、サッカーに関する事だけでなく今年結婚式を挙げたパートナーのピラール・ルビオや息子たちら家族との私生活の様子なども公開しています。

(@primevideoes Instagram)

以下若干のネタバレあり





サッカーでは闘将としてチームを引っ張るセルヒオ・ラモスですが、私生活では代理人も務めるお兄さんがいてドキュメンタリーの中でも度々お兄さんにあらゆることを相談し、アドバイスを受けたりして「弟」っぽい面が見られたのはちょっと面白かったです。そういえば奥さんのピラールも年上の姉さん女房で、ドキュメンタリーを見た限りでも芯が強く包容力がありそうな女性って感じがしました。

スポンサーリンク

サッカー以外の、音楽や所有するスペイン純血種の馬への情熱もシーズンの経過と絡めて紹介しており、妻ピラールの出演するテレビ番組でギター演奏を披露する事になり一生懸命練習する姿や、地元セビージャでの馬の国際見本市「シカブ」に彼の馬が賞レースに出場して審査に一喜一憂したりと、普段からは見られない違った一面も見られます。

ドキュメンタリーを見て改めて思ったのは、センターバックの選手ってフィールドプレーヤーの1人だけどあらゆる批判の矢面に立つ本当に孤独なポジションだなと。私自身はセルヒオ・ラモスの時に荒っぽいプレーはちょっとと思う所もあるんですが、彼に限らず最後尾の守備ってリスクを冒したプレーをせざろう得ないけど危険なプレーは非難され、得点を許せばサポーターから責められ・・・。ゴールを守るという面ではGKも同じだけどある意味独立しているポジションだから高い評価が受けやすいですよね。でも昨シーズンのリバプールのフィルジル・ファン・ダイクの活躍も顕著でしたし、今は誰か1人だけスーパースターがいても勝てる時代ではないのでどのポジションであっても一人一人のプレーヤーの価値がきちんと評価される流れにはなってきてますよね。

今回密着しているのは昨シーズン2018-19シーズンの途中までなのですが、ご存知の通り昨シーズンのレアル・マドリードはリーガエスパニョーラで3位、国王杯は準決勝でバルセロナに破れ敗退、チャンピオンズリーグはアヤックスに敗れベスト16と、レアルファンにはものたりない結果で終わってしまいました。当然この企画が持ち上がったのはシーズン前でしょうから本人もスタッフももっと華々しい活躍の様子を期待していたのではないかなーと思ったのですがどうだったのでしょう?

でもイケイケで順調すぎる様子よりも日々苦悩しサッカーと向き合っている姿を映し出したのはそれはそれでドキュメンタリーとしては返って良かったかもしれません。


セルヒオ・ラモス 不屈の魂 シーズン1 (字幕版) Amazon Prime Video

番組の中ではレアルのトレーニング施設やセルヒオ・ラモスの自宅の様子なども少し垣間見られるのでファンなら興味深いと思います。
【関連】
《ベッカム、モドリッチらセルヒオ・ラモスの豪華結婚式に駆けつけた選手たち》
《久保建英が入団したレアル・マドリードの選手をチェック》

ところでこのドキュメンタリーの中には今年6月に行われたセルヒオ・ラモスのゴージャスな結婚式の様子が収められていると事前にどこかの情報で見た気がするのですが入ってなかったのは残念。でも最終話はジネディーヌ・ジダンがレアル・マドリードの監督に復帰したところで終わるのでもしかしたらシーズン2もあるのかも??

-ゴシップ/プライベート
-,

Copyright© 海外サッカーを楽しむ主婦のブログ , 2020 All Rights Reserved.