イケメン選手やゴシップなど女性目線の海外サッカー情報ブログ

海外サッカーを楽しむ主婦のブログ

移籍情報

【2019年】夏の移籍市場で争奪戦が予想される欧州の若手選手6人

投稿日:2019年5月3日

スポンサーリンク

パリ・サンジェルマンのキリアン・ムバッペ(エムバペ)を筆頭にサッカー界では20代前後の若い選手がどんどん台頭してきています。今夏の移籍市場で争奪戦が予想される、今シーズンの活躍が目覚ましい今まさに売り出し中の若手選手をピックアップしました。

ジョアン・フェリックス

ジョアン・フェリックス
João Félix
所属:ベンフィカ
生年月日:1999年11月10日
身長:180cm
国籍:ポルトガル
ポジション:MF

今年の移籍市場の目玉の一人。少し幼さを残した顔立ちに、体つきもまだ線が細く少年のようですが体の使い方が上手くボールコントロルなどのテクニックやセンスは抜群でオフ・ザ・ボールの動き、判断力にも長けています。また現在ではプリメイラ・リーガで13ゴール(5/3時点)、4月11日に行われたヨーロッパリーグ(EL)準々決勝1stレグの長谷部誠が所属するフランクフルト戦ではハットトリックを達成するなど得点能力や勝負強さもあります。

レアル・マドリードやマンチェスター・シティなど主要なビッグクラブから切望されており、同じポルトガル出身の大スター、クリスティアーノ・ロナウドもユベントスに強く獲得を進言しているとか。(ちなみに二人ともジョルジュ・メンデスが代理人)

(@joaofelix79 instagram)

現時点でベンフィカはフェリックスに対し2億ユーロ(約250億円)とも言われる高額な移籍金を要求していると伝えられています。今夏、もし移籍を果たすとしたらどのチームが彼を射止めることになるのでしょうか?

ニコラ・ぺぺ

ニコラ・ぺぺ
Nicolas Pépé
所属:リール
生年月日:1995年5月29日
身長:183cm
国籍:コートジボワール、フランス
ポジション:FW

昨シーズンのリーグ・アン17位から大躍進し現在2位を走るリールの立役者の1人。現在(5/3時点)20ゴールはムバッペに続いてリーグ・アン得点ランキング2位、またアシスト数11はトップ。

ボールコントロールも上手く瞬発力、ドリブルなどスピードもあり1人で局面を打開することのできる選手で、またゴール前でも冷静でシュートの精度も高く、決定力のあるアタッカーです。

(@nicolas.pepe19 instagram)

アーセナル、リバプール、マンチェスター・ユナイテッドなどプレミア勢のクラブ他、インテルやユベントス、バイエルンなども関心を寄ており、リールは移籍金を8000万ユーロ超(約100億円)に設定したとも伝えられています。

スポンサーリンク

タンギ・エンドンベレ

タンギ・エンドンベレ
Tanguy Ndombele
所属:リヨン
生年月日:1996年12月28日
身長:181cm
国籍:フランス、コンゴ
ポジション:MF

多くのスター選手を輩出しているリヨンで今注目の選手が中盤でゲームを支配するタンギ・エンドンベレです。2016年にアミアンでプロデビューした彼はクラブ史上初のリーグ・アン昇格に貢献し、2018年にリールへ完全移籍しました。

高い身体能力に強靭なフィジカルを持ち、ボール奪取やボールキープ力に優れていて足元の上手さも目を見張るものがあります。得点力こそ難はありますが攻撃の起点として中盤からのアタック、守備とユーティリティ性を持ったインテリジェンスの高い選手で今後さらにビッグな選手になる可能性は十分高いと思います。

(@ndombele_22 instagram)

【関連】
《アミアンSC奇跡的な逆転劇でリーグ・アンへの昇格決定》

エンドンベレの獲得にはジョゼップ・グアルディオラ監督が高く評価しているというマンチェスター・シティやトッテナム、パリ・サンジェルマン、またジネディーヌ・ジダンが監督に復帰したレアル・マドリードも注目していると伝えられています。

次のページへ続く

次のページへ >

-移籍情報

Copyright© 海外サッカーを楽しむ主婦のブログ , 2019 All Rights Reserved.