イケメン選手やゴシップなど女性目線の海外サッカー情報ブログ

海外サッカーを楽しむ主婦のブログ

サッカーニュース&ネタ

ハリー・ケインが音楽の祭典に/露とアルゼンチンのフーリガンW杯で共闘!?

投稿日:2018年2月22日

スポンサーリンク

海外ニュースサイトやSNSから気になる海外サッカーニュースをピックアップします。
【関連】
《ガーディアン紙が選ぶ「2017年最も活躍したサッカー選手100人」》
《日本代表の新ユニフォーム&アディダス(adidas)各国代表ユニフォーム》

スパーズのハリー・ケインがブリッドアワードの舞台に

21日イギリスの音楽の祭典「The Brit Awards 2018 (ブリット・アワード)」がロンドンのO2アリーナで行われました。

なんとこの華やかな舞台にトッテナム・ホットスパーのイングランド代表FWハリー・ケインが元フィフス・ハーモニーのメンバーである人気歌手カミラ・カベロとともにプレゼンターとして登場しました。

その際、この日司会をしていた英コメディアンのジャック・ホワイトホールが「これがおそらく今シーズン彼が手にする唯一のトロフィーだろう」とコメント。というのもジャック・ホワイトホールはアーセナルのファン。もちろん冗談交じりですがライバルチームのスターを皮肉らずにはいられなかったのでしょう。

(@Sporf Twitter)

これに対しTwitterなどのSNS上の反応は

「ハハハ、そのとおり!」
「アーセナルファンめ」
「FAカップがくるさ!」
「ワールドカップを待ち望んでいるよ。」

など多数の賛否両論のコメントが。

A great night at the #Brits and an honour to present an award - @camila_cabello. #BritAwards

Harry Kaneさん(@harrykane)がシェアした投稿 -

(@harrykane instagram)

ハリー・ケイン自身はこの発言を意に介さず「素晴らしい夜を過ごしたよ」とブリットアワードを楽しんだ様子。ちなみに彼がプレゼンターを務めたインターナショナル男性ソロ・アーティスト賞は米ラッパーのケンドリックラマーが受賞しました。

ロシアとアルゼンチンのフーリガンがW杯で共闘!?

スペイン「AS」サイトによると、UEFA EURO 2016でイングランドのサポーターを襲いフランス、マルセイユなどで大暴れした悪名高いロシアのフーリガンが今年夏のW杯ロシア大会でアルゼンチンの「barras bravas(バーラ・ブラバ)」(南米のフーリガンやウルトラスといった暴力行為を伴う熱狂的なサポーター)と協力関係を結びイングランドサポーターを襲う計画をしていたことが分かったとのこと。
 

(@English_AS Twitter)
 
アルゼンチン政府の安全保安機関が公開した情報によると、ロシアサポーターとアルゼンチン、ボカジュニオールズのサポーター「La 12」のリーダーとの会合でアルゼンチンから訪れるグループのロシアでの宿泊施設や交通手段などの手配を約束し、イングランドサポーターに対する襲撃計画を話し合ったそう。

スポンサーリンク

 
そもそもロシアのフーリガンはサッカー観戦が目的ではなくボクシングなどの格闘経験がある腕自慢たちが自分たちの強さを見せつけるために、暴力行為が目的でスタジアムに乗り込んでくるようなのです。そしてアルゼンチンでも昨年バーラ・ブラバの1つ「La 12」のNo2を務めていた人物が何者かに襲撃され死亡するという事件が起きていて、度々警察やライバルサポーターと衝突しているバーラ・ブラバの中にはマフィアとも繋がっているグループもあるそうなのです。そんな2つの国の暴力的なグループが着々とこのような暴動計画を練っていたなんて恐ろしいことです!

ロシア政府はロシアンフーリガンたちがEURO 2016の時のような騒ぎを起こさないよう取り締まりの強化を図るようですが、イングランドサポーターのみならず日本から見に行く予定の方も巻き込まれないよう十分な注意が必要ですね。

-サッカーニュース&ネタ
-

Copyright© 海外サッカーを楽しむ主婦のブログ , 2019 All Rights Reserved.